a3.ゆき花のFD活動

fl.a3.「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい」と発言した国会議員について

site up 20210604金

*性被害について記されています。はじめに【主旨と投稿ルールbyゆき花】をご覧下さい。ご負担にならないよう、ご自身の責任でお読み下さい*

*本投稿から(一部先5月の投稿も)、記事の前にも、投稿を読むに当たっての、注意事項を記しました。サイトページに訪問時に読んで頂けるように、左上にも【主旨と投稿ルールbyゆき花】を示していますが、この以前の記事も同様に、ご負担にならないよう、ご自身の責任でご覧下さい。

🌼🌼🌼

産経新聞<独自>「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい」立民議員が主張 2021/6/4


<独自>「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい」立民議員が主張 立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)で、中学生を性被害から守るための法改正を議論した際、出席議員から www.sankei.com

〉立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)で、中学生を性被害から守るための法改正を議論した際、出席議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」などとして、成人と中学生の性行為を一律に取り締まることに反対したことがわかった。

〉複数の党関係者によると、発言したのは50代の衆院議員。「年の離れた成人と中学生の子供に真剣な恋愛関係が存在する場合がある」とも語り、厳罰化に慎重な姿勢を示したという。

*リンク先が期限切れの場合があります。

🌼🌼🌼

山本潤さんの本に、2015年に法務省職員から聞いた刑法改正検討会の議論のまとめに、

「極めて稀なケースかもしれないが、親子間でも真摯な同意に基づく性的な関係が全く起こらないとは言えないのではないか」

という意見があったことに、ショックだったと書いてあったのを思い出す、酷い議員の発言です。

公人なのですから、名前を公表して欲しく思います。

🌼🌼🌼

過日の男性県議xxさんも同じく、酷い議員のレベルだと思います。

三重県議会があのレベルなら、早急に、勉強会などする必要があると思います。

前向きに言うようにしていましたが、トラウマ症状の萎縮だったと思います。

少し時間を空けて、少し落ち着いてきたら、やはり、良くないことだと思いました。

豊島区議で、不同意性交等罪について、性交同意書を作って、SNSにアップして、炎上し、それが逆に、刑法改正への国への意見書に上がる結果になりましたが、

その男性県議xxさんの発言は、この(恥知らずな)豊島区議と、同じレベルだと、正直、思います。

*別の同じ所属会派の方々に確認したら、会派も県議会も、同じ考えではないとのことで、それについては、確認出来て良かったです。信用してお話ししてきただけに、ギャップに戸惑いました。県議会についても、安心しました。

🌼🌼🌼

性的関係性が、相手の自発的意志や同意の有無ではなく、されているのだろうという、そういうところまで、この問題は、見えてくるものです。

男性でも、女性でも、性別問わずですが、分からないなりにも、性や性暴力の問題について、礼儀や配慮・思いやりのある人達もいます。性はそういう、人間の基本が表れるテーマだと思います。そういう次元のことだと思います。

性犯罪刑法改正については、弁護士や議員が、そういうセカンド性暴力発言を、SNS上でしていて、ずいぶん、問題になっています(杉田水脈さんもそうです)。三

重県議会でも、小林貴虎さんの男性カップルについて、個人情報を議員個人のブログで公開するなど、県議という公人や県議会への信用が損なわれる行為です。

その男性県議さんの発言は、三重県議会の県議員の理解や考え方の実際までは、まだ分かりませんが、いち個人として・いち議員として、やはり、酷いレベルだと、SpringのTwitterや山本潤さんの本を、思い出しながら思います。

🌼🌼🌼

FDみえのアカウントからは、考えて、発信していますが、

分断、差別、切り離しにならないように…と思います。


*産経の独自とあり、選挙近い作為的なものであっても、記事になるような発言なので、問題です。

性暴力根絶のロビイング活動している仲間も言っていましたが、議員のこういう一言で、何日も、何ヶ月も起き上がれなくなることがあります(自分もです)。

被害者が被害を想起して(思い出して)話すことは、被害の再体験に繋がり、命の危険もあることだと、私の治療の先生など、先駆けている海外・日本の治療者には、言われています。

安全な、十分な治療法を持ち、十分な理解ある、治療者の下で話すことで、回復が可能になりますが、

現状はその安全な治療環境、十分な治療法、十分な理解力ある、治療者も相談員も、日本にはほとんどいません、(県内にもいません)。

🌼🌼🌼

三重のフラワーデモの立ち上げもそうです。被害想起に繋がるので、先生にも、母父姉にも、当初、止められました。

↑こういうと、私の状態が悪いのに、立ち上げたように、フラワーデモみえの参加者さんなどにも言われましたが、←こういうトラウマの理解ない人達に、接することの危険について、私の先生は言うのです。

私がFD立ち上げたのは、無知偏見の地域社会で、孤立による心身の安全安心信頼の協働調整がされない為の、死に通ずる苦しみの為です。*協働調整を、まず理解されていません。

🌼🌼🌼

治療の学びからも、政党団体のセクトの別にされても、性被害者の孤立や分断は変わらないと思っています。

法や制度を変えてゆく為には、議員や官公庁省職員などの、理解や考え方を得てゆくことであり、酷い発言だからと、分断・切り離し・対立で終わってしまったら、結局、法や制度を変えるところには至らず、

性被害者は救われないままなのです。

忖度・迎合する必要はありませんし、怒りの感情を殺すこともありません。

怒りは自分自身を守る為の、大事な感情・感覚によるもので、神経系の働き・身体機能の一部なので、理論偏重に軽んじてもいけないと思います。

けれども、対立・分断・切り離しのまま終わっては、性被害者は救われないままです。そのことを、議員・関係者、そして、性被害者自身も、理解する必要があると思います。

🌼🌼🌼

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】と同意とします*