a3.ゆき花のFD活動

fl.a3.2021年1月7日(木)❁三重県の立憲民主党・新政みえへの要望書(詳細版)④

site up 20210107木

三重県の立憲民主党・新政みえへの要望書の詳細版です。④は、障がい児者への性暴力、性教育、学校教員から生徒への性暴力、クォータ制の導入、シェルターの取り組みについて、まとめました。

❄❄❄

■8.障がい児者への性暴力について

また、精神疾患や、知的障がい児者への、医師から患者への性被害も問題にされています。医者と患者の性的関係を持たれた場合、患者の陽性反応を利用したと海外では刑法の処罰規定がされていますが、日本では、その対処がされておらず、恋愛関係と処理されてしまうことも多いです。その対応が必要です。

特に幼少期から性暴力、虐待を受けていると、発達障害、発達性トラウマを負っていることが多く、そのような、障がい児者への性暴力も多く、問題とされています。その他の傷がい児者への性暴力も声に上げられません。

❄❄❄

■9.人権問題としての性暴力・性教育の理解

*フェミニズム(=女性の人権)、ジェンダー教育に基づく性教育が、医療、司法、行政、教育、どの分野にも、どの世代にも必要です。その上で将来的には、TVのCMなどを使うなど、身近に啓発周知になる取り組みも必要と思います。

育児、イクメンを推進する以前に、性暴力がいけないこと、どのような行為が性暴力かを、特に男性に教える必要があります。父親、男家族からの娘、孫娘、妹などへの性暴力は、少なくなくて、多いです。

知事の鈴木英敬さんは、男性の育児・家事・参加を奨励していますが、男尊女卑が酷く、男性の性的意識が良くない状況で、子育てが、子供の性的詐取・性的侵襲に利用される場合も多くあります。イクメンを呼び掛ける以前に、どんな行為・接し方・触れ方が性暴力になり、それらがいけない行為であること、風呂、添い寝、抱っこ、触れ方、視線、写真・動画のupなどにある不適切養育を、知事さんには、先に呼び掛けて欲しいです。

*日本の規制は酷く悪いですが、萌え絵など性的描写があるアニメ・広告なども、女子・女性以上に、男子・男性は、現実と混濁されています。見せる・聞かせるも、虐待であることを理解するよう、周知・啓発が必要です。

健全な性の発達には、世代間の境界線が必要です。それを周知されて欲しいです。

❄❄❄

■10.学校教育の場での性教育の充実と、教員から生徒への性暴力の防止・対策

*三重県でも、性教育に頑張っている元養護教員の方とかいらっしゃいます。学校教育の中での性教育の取り組み・広まりも必要です。また、子供だけでなく、保護者、教員など大人の側にも必要です。

学校教員による生徒・未成年者への性暴力・再犯率も多く、また、市町・県の教育員会や教育関係者内の同職種同士で、ないものに扱ってしまうことも多いことを聞いています。第三者機関を設けるなどの取り組みが必要です。

子供の権利条約の理解と、それに添う取り組みが必要です。

❄❄❄

■11.クォータ制の導入を求めます。

*女性が既存の慣習の中で、議員やリーダーに選出され辛い現場にあります。一定の人数を、性別毎、世代毎定めるクォータ制の選挙制度を強く望みます。

既存の世帯主制度・家父長制の下、女性は男性に従うことが、安全や生命為に優先である状態とも言えます。そのような現状を変える為にも、クォータ制の早期導入が望まれます。

*被害加害は男女やセクマィに関わらずありますが、それでも、被害者の90%以上が女性、加害者の95%以上が男性と言われています(院内集会での動画より)。男性多数の中で、性に関する女性の声は益々上げられません。

❄❄❄

■12.シェルターの取り組みへの支援。

年末の内閣府オンラインセミナーで、各地・三重でもその取り組みをしている人達がいるそうですが、緊急避難先がないと、少女達の身の置きどころがないです=都市部への売買春に流れ易くされます。

*児相についても、心ない職員の下、大人や体裁を優先とした支援になり、子供が虐待する親に戻されたり、救われていない状況を、聞いています。 *医療、福祉の意識が全般に良くありません。必要とする被害者・被害児・患者など来談者を主体とし、医療福祉は、サポートの位置にいることを理解して、接する姿勢が必要です。

❄❄❄

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*