a1.フラワーデモin三重

fl.a3.2020年11月28日(土)❁フラワーデモみえの声by雀さん

site up 20201128土

フラワーデモみえの参加者さんの声です。公式にも、声として送りましたが、サイトにもupします。

🌷🌷🌷

もし……が叶うなら。無理だけど。

もし今度生まれたら、人間の女だけは生まれたくない。

鷹に生まれ大空を自由に飛びたい。

♫雀の兄弟は…大きくなったら鷹になる…やっぱり雀は…スズメ。

もう私は年をとりました。泣いて、我慢して諦めました。

🌷🌷🌷

男尊女卑、女性蔑視は昔から。

男は力が強い。

女は力が弱い。プラス、生理、妊娠、出産のリスク。

悲しいけれど、女は自分の身を男(夫も)からの暴力に対して、100%勝てない。守れない。

男の性欲には反抗できない。女を娼婦か召し使いくらいしか見ていない。

男にとって都合のいい、おとなしい従順な女が良いとされてきた。

力と立場の差に女を縛り、男の社会を作ってきた。

🌷🌷🌷

これからの若い女性達へ。

体は女であっても、人間として自分らしく生きてほしい。

避妊と経済と精神の自立。

緊急避妊薬の入手が容易に出来るように。最悪の場合、人工妊娠中絶という選択肢。警察に逃げて、助けを求める。産む産まないの選択権は、女性にあるべきです。産むことだけが美徳だとは思えません。

経済の自立。自分一人になっても、生きていける経済力をつける。

まず資格、手に職をつける。知識を持つこと。それは、自分を守ることだと思う。

🌷🌷🌷

性行動の現実から目を背けないで。中学、高校で医師から性教育を学ぶ。性行為によって、相手の女性に体と心に傷をつけない性のあり方。妊娠によって、その後の生き方を考えさせる。体と心の問題を真剣に向き合い、学んでほしい。

性暴力、暴力・犯罪の厳罰化。男の身勝手から脅し暴力。OKにしたくない。

「お前は俺の言いなりになっとたら、家庭はうまくいく。オレは手加減して殴ってやってるのや。誰に逆らうか」

泣きながら…許せない。

元夫のこの言葉と暴力で、弁護士を入れて裁判離婚しました。30才でした。

🌷🌷🌷

離婚後、働きながら手に職をつけ、一生懸命働いて、二人の子を育てました。手に職をつけたおかげで、経済的にチョッピリ自立ができた。住む家も。70才過ぎても、手に職のおかげで働けます。

子供にとって、私が離婚した事が、良いとは思っていないかもしれない。当時、小学生と幼稚園児。父親を奪う事になる。でも、私は、元夫から一生、手加減して殴られるのはゴメン。離婚もやむなし。

今も受けた元夫からの暴力は、恐怖と惨めさだけが、私の心を苦しめます。

男の力が恐ろしい。怖いのです。やっぱり私は鷹にはなれないけど、強くかしこし烏くらいにはなれたでしょうか?

🌷🌷🌷

もし若返りの水があったら、ぜひ飲みたい。

10代に戻って、勉強して、大学へ行って、資格を取りたい。

それがダメなら、手に職をつけて、職人の一人親方になる。

そして、絶対に、結婚はしない。

スズメより、これからの時代、少しずつでもいいから、女がゆえの悲しみ、惨めさを経験しないですむ、世の中になるように祈る。

令和2年11月 益川雀

🌷🌷🌷

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】と同意とします*