b1.フラワーデモ公式

fl.b1. 2020年10月13日(火)❁フラワーデモ公式in自民党本部前

site up 20201015木

#杉田水脈議員の辞職を求めます

#性被害者への蔑視を許さない

杉田水脈さん(自民党)の性暴力被害者支援について「女性はいくらでも嘘をつく」の発言に抗議する署名は、1週間に、13万6000人以上寄せられました。

「LGBTQは生産性がない」の発言でも問題になりましたが、杉田さんの国会議員として、許されない人の道の外れた言動は、他にも多くあります。

私達は、杉田水脈さんの謝罪・撤回を求めると共に、議員辞職を強く求めており、それを求める署名は、短い期間で13万6000人にも上りました。

にも関わらず、自民党はこの抗議署名を受け取りませんでした。

LGBTQの発言抗議についての署名は受け取っているそうです。

性暴力被害者に対し「女性はいくらでも嘘をつく」という、発言抗議について、受け取らないのは、女性蔑視が根底にあり、女性は被害を背負って泣き寝入りしろという意識の現れそのものと言えます。

野田聖子さん(々自民党)は、議員辞職をさせる権限がないことを、受け取り拒否の理由に述べていましたが、権限がなくても受け取ることは出来ます。民意を受け取って、考えることは出来ます。民意を受け取り、議員に呼び掛け、話し合うことも出来ます。

民意を受け取ることは出来ます。国会議員としても、人としても、また、同じ女性であることからも、受け取るのが、人の道です。心身抉られるような、とても遺憾な気持ちです。

両手いっぱいに抱えるほどの署名を持って、フラワーデモ公式の北原みのりさん、松尾亜紀子さん、(一社)Springの山本潤さんはじめ、何人かの皆さまが届けて下さいました。受け取り拒否された為、自民党本部前で抗議のフラワーデモとなりました。

要望書は受け取ったとのことですが、重い13万6000人もの署名を持って帰ることとなりました。

とてもショックだったのが、13万6000人もの署名を抱え、フラワーデモのスタンディングで訴えている、その自民党本部のその時間に、受け取り拒否をした野田聖子さんが、自民党本部の食堂での、天ぷらうどんのランチのTwitterをupされていたことでした。

署名を受け取らないことは、不信が募る自民党ではあり得ることかもしれないと、多少の覚悟はしていました。

でも、抗議署名を届け、フラワーデモのスタンディングをしている、その場、その時間に、天ぷらうどんのランチのTwitterを上げるのは、何重にも踏みにじられた気持ちになりました。

私は、大阪へのトラウマ専門治療の帰路に、そのことを知りました。

性暴力の為に、加害者達の舌や歯やそれらが想起され、ひと口ひと口が地獄でした。奇跡的に今の専門治療家に繋がれても、直ぐに、このトラウマの治療が出来た訳ではありません。3年目に、やっと、少しずつ、恐怖のトラウマ記憶を処理するに至れているのです。

性暴力被害の為に、摂食障害で苦しむ被害者達は、とても多くいます。

命を断つ人も多くいます。

杉田水脈さんのような、無知偏見が、被害者を追い詰めているのです。

三重のフラワーデモは、生まれた長野を性暴力の救いようがあまりにもなかった為に離れ、信仰の学びをよすがに、自分の唯一の人と自分を繋げてくれる支えだった、神宮のお詣りの道中に、伊勢の地元の近所に、性被害者の自死者がいたことが始まりです。

ここで目を逸らしたら、神が許さないと、思いました。

三重県の自民党は、杉田水脈さんを勉強会の講師に招いて学んでいるそうですが、国政は地元の身近な施政を通して、被害者の命を現実的にも、救わず、奪っています。

自民党でも性暴力に向かい合う議員の方々もいるのに、わざわざ、問題言動を繰り返す議員を招くことはないのです。

自民党でも性暴力に向かい合う議員の方々もいるのに、わざわざ、問題言動を繰り返す議員を招くことはないのです。

野田聖子さんは岐阜の方で、三重と同じく東海の方です。

残念ながら、東海地区に、十分な専門治療は求めてもありません。

伊勢の直ぐ近所にいたような、性被害者の自死者は、野田さんの地元でも、十分あり得ることですし、これまでも表に出されないだけで、何人もいたと思います。

今も、摂食障害に苦しんでいる被害者の方々もいます。自分の受けた性暴力があまりにも恐ろしくて、向かい合えないで苦しいまま生きている方々も多くいます。

摂食障害だけでなく、もっと多くの複雑なトラウマに苦しめられています。

人のお心を持って欲しいです。あまり酷い言動が続いている、杉田水脈さんには、フリーズ的に、その望みは持てませんが、野田聖子さんや他の議員の方々には、まだ、そのように望みます。

(約2000字:6分40秒)

メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします。