a1.フラワーデモin三重

fl.a1.2020年10月11日(日) ❁フラワーデモみえin初・四日市、初・桑名、鈴鹿、伊勢、津

site up 20201013火

フラワーデモみえ、2020年10月11日(日)は、台風後のお天気に恵まれました。初・桑名、初・四日市での開催も実現し、伊勢、桑名(白子)、津の5都市で開催されました。日曜日の休日、全県各地から93名が集まりました。

呼び掛け人のゆき花は、時間の都合上、伊勢には参加出来ませんでしたが、桑名まで北上し、南へ向かって、スタンディングしながら下りてきました。

島川さん、長谷川さん、各地の主催協力者の議員さん、女性団体の皆さまのお力あって、また、このデリケートでセンシティブな問題に、向き合おうと心を寄せて下さる地元参加者の方々の思いがあってこその、実現でした。

今回は、特に杉田水脈さんの「女性はいくらでも嘘をつく」の発言に抗議するデモでした。性暴力被害支援について、自民党内の会議で発言されたことが、内部からの声で明らかにされました。杉田さんの発言に対し、同調して笑う議員達もいるようですが、許されない発言だとする議員達もいたようです。酷い発言です。

今回は、この発言に抗議するデモとなりました。フラワーデモみえでは、公式の抗議署名のメッセージ文より、北原みのりさん&松尾亜紀子さんの公式ステイトメントとして代読、一般社団法人Springの山本潤さんの抗議声明代読、そして、ゆき花や参加者の方々のスピーチ、サイレントデモで、アピールしました。

■伊勢…14名のご参加。外宮前通りにて。サイレント・アピール。

外宮前通り、外宮奉納市の駐車場北側にてサイレント・デモをしました。

地元の生活道路沿いで、道行く車や通行人の方々へのアピールです。
多気町、町議の松木豊年さんも、ご参加して下さいました。日本共産党のHOPE(希望)の赤いガーベラの花を、WithYouの花にお持ち下さいました。

■桑名…18名のご参加。桑名駅東口にて。スピーチ・デモ。

8月に完成したばかりの新しい駅舎前にて、初フラワーデモです。
桑名市の市議員、たやなおみさん、木曽岬町の町議員、中川和子さんもご参加下さいました。

たやさんが、フラワーデモ公式のシスターフッドの女の子達を用いて作った、フラワーデモみえのチラシ、(一社)Springの性犯罪・刑法改正のチラシを、両面に印刷して、用意して下さいました。道行く人にお渡ししました。何人もの方々が、シスターフッドの可愛い絵を見て、笑顔で受け取って下さいました。

終わりに、中川さんが『野に咲く花のように』を歌って下さり、皆でサイレント・スタンディングで気持ちを一つに、フラワーデモ桑名を終えました。

終えた後、警察官の方が交番から出てきました。2人の警察官が交番の窓から、ずっとデモを見ていたのですが、注意される!?と思ったら、「チラシありますか?」と聞かれました。特に若い警察官の方々は、よく知らないので、もっと知りたいとのことでした。あぁ、良かった…と、思い掛けない警察官のお声掛けに、嬉しい気持ちで、フラワーデモのチラシと、Spring冊子を「皆さんで読んで下さい」と、お渡ししました。

■四日市…27名のご参加。三交イン前にて。スピーチ・デモ。

県で最大人口都市の四日市での開催です。

新婦人の会のhamachanさんが「年内に四日市で開催しましょうね」と言ってくれたのが、後押しになりました。

さすが県で一番の人口都市というか、アピールにも良い駅前通りでした。

可愛いプラカードに目を向けて行ってくれる方々も多かったです。
県議の山本りかさんが、スピーチして下さいました。

杉田水脈さんの「女性はいくらでも嘘をつく」に発言抗議を、県の実情から話して下さいました。

三重県の自民党では、杉田水脈さんを講師に招いて勉強会をしているそうです。そして議会で「セカンドレイプって何?」と質問するのだそうです。

フラワーデモみえは、伊勢の近所の、神宮のお詣りの道中に、自死した性被害者の方がいたことがきっかけです。伊勢や三重の地域社会の中で、どこに助けを求め相談しても、杉田さんのような、偏見や疑いの目で、見られ攻められて、措置入院の後の自死です。

国政・県政・市町の施政と、性差別思考・性被害者への差別偏見を持つ議員を講師に学び、地域社会に、その命を奪う仕組みや流れが既にあることを、スピーチで知りました。自死者が出て、当たり前に思います。でも、命を奪う社会を作る政治であってはいけないのです。命を守る政治を切望します。

三重テレビの取材を受け、18時からのニュースに紹介されました。

参加者の方から、手作りの刺しゅうのメッセージクロスを頂きました。ありがとうございます😊🌼

■鈴鹿…14名のご参加。白子駅西口にて。スピーチ・デモ。


鈴鹿市の市議員の高橋さつきさんが、性暴力根絶・刑法改正4課題について、スピーチをして下さいました。

三重でも、県議員、市議員の方々、参加者の方々が、性暴力根絶、性犯罪・刑法改正について、性や司法の言葉にして広まりを作って下さっていることを、心強く思います。性やその暴力について、また、その司法と地域社会のあり方について、分かり易く説明するのは、容易なことではありません。

誰にとってもセンシティブでデリケートな問題です。性暴力被害のトラウマ治療の基本である、安全安心・信頼の繋がりを大事に、ちょっとずつ、三重での広まりを作ってゆきたいです。

■津…20名のご参加。津駅東口にて。スピーチ・デモ。

津市の市議員、竹下幸智子さん、津アイリスの柏木はるみさんが、ご参加下さいました。

毎回参加・協力して下さっている、三重県平和委員会の田中茂二郎さんが、

「これは人権の戦いです。女性の性を貶める時、男性の性も貶められています」

とスピーチして下さいました。男尊女卑も性差別も、真に男性や相手を尊び敬うものではないです。そこに差別、優劣、上下の関係性がある時、尊び敬われている男性・相手も同時に、人間性や尊厳を自ずと貶めていること・落ちていることを、知る必要があります。


津では中日新聞の取材がありました。13日付けの三重県版に掲載されました。リプロダクティブ・ライツの取り組みされている方々と、AK知事さんの記事の下に掲載されていました。知事の鈴木英敬さんも、一緒に考え向き合って、スタンディングする日が来て欲しいです。

*フラワーデモ、性暴力根絶、性犯罪・刑法改正は超党派の活動です。三重では野党議員さんが主に参加・協力して下さっていますが、他県のように、与党議員さんも、ご参加頂きたいと願っております。与党野党とも、同じ、私たちすべての性ある人間の問題として、一緒に向かい合って考えて欲しく願います。

メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします。