a3.ゆき花のFD活動

fl.a3. 2020年7月25日(土)❁参議院議員:田村智子さんの応援演説in鈴鹿❁お話し&OneVoiceも

site up 20200728火

亀山市を市議の福沢みゆきさんと回りながら、参議院議員の田村智子さんのお話しになりました。田村さんとは同じ長野県の出身です。田村さんが東信の小諸市、私は北信の長野市です。小諸は東京や軽井沢に行く道なので、気持ちも近いです。

Twitterでたまに流れてくる田村さんの動画を見ながら「カッコいい人だなぁ」と思っていました。しっかり・はっきり意見を言うし、問題を見抜くキレの良さがって、余程、頭の良い方だなと思っていました。あたたかな思いやりもあって、弱者への寄り添いもあって。政治に疎いので、Twitter解説見ながらですが、追っかけのように見ていました。

田村さんのTwitterのプロフィールに、長野県小諸市とあり「同郷なの!?」と、大変驚きました。野暮ったい長野に、こんなに素敵な女性がいるの??と、思ったのですが、選挙区としては、東京だそうです。そうですよね…長野県の代表だったら、素晴らし過ぎます。

とはいえ、やはりとっても嬉しいです!同じ長野の出身に、あんな頭の良い・人間性の豊かな議員さんがいるなんて。

そんなことを、亀山の街を回りながら福沢さんにお話したら「週末25日(土)に、共産党の講演会があるから来ますか?」と、誘って下さいました。刑法性犯罪改正を、超党派活動で呼び掛けたいという、私の気持ちはご存知の方で、そのことも気遣って言って下さいました。

「いいのかなぁ」「図々しいかなぁ」と思いながらも、「行きたい」とお願いしました。その後、連絡があり、なんと、講演前の10分間程、田村さんとお話しして頂けることになりました!超・お忙しそうな方なのに、お時間取って頂けて、感激です。いつもフラワーデモみえに参加して下さっている、日本共産党・三重県委員長の大嶽さんも、お力添えをして下さったのだと思います。

本村伸子さんの時と同じように、限られた貴重な時間なので、前日までに、神宮奉納紙で、三重県の指定伝統工芸品の伊勢和紙に、性暴力・刑法性犯罪改正についてのお手紙を書いて、神宮・内宮さんにお詣りしてから、お渡ししようと用意していました。

その前日から大雨・大風で、当日の朝になっても大雨警報が、町内アナウンスされていて、荒天に凹みそうでした。ところが、お詣りに出掛けようと外に出た頃には、あんなに降っていた雨が上がりました。おかげ横丁の道も、乾いていて、雨上がりの涼しい空気の中をお詣りすることが出来ました。

内宮の日本の太陽の女神に、「女性・人間が、性暴力から守られる日本の法になりますように」「田村智子さんが、このお手紙の思いを、国会・日本の政治に届けて下さいますように」「田村さんが、国会・日本の政治の場で、十分にご活躍出来ますように」と、お手紙に託してお祈りしました。

鈴鹿でお話しした10分は、短いけど、田村さんのとても深く温かなお人柄を感ずる、ひとときでした。予めお願いしておいたSpring_OneVoiceも書いて頂きました。

「苦しみをなかったことにしない。尊厳を掛けた闘いの輪を!」

というメッセージを書いて下さいました。こんなふうに性暴力被害者の言葉を汲んで書いて下さるとまでは、正直、思っていませんでした。田村さんが日頃から、傷付いてきた人達に、寄り添っていらっしゃることが分かりました。懐かしい長野のお話しもしました。

ご講演でも、フラワーデモに触れて話して下さいました。「女性や弱者に、社会のはけ口が向かってしまう構造をなくしたい」、コロナ禍の性暴力やDVについて、そんなふうにお話しして下さいました。

女性大臣のお話をされていましたが、ニュージーランド首相のジャシンダ・アーダーンさんのような、日本初の女性の首相になって欲しいような方だと思いました。応援しています!

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*