b1.フラワーデモ公式

fl.b1. 2020年3月8日(日)❁フラワーデモ&国際女性デー❁①みえ・伊勢より

site up 20200310火

国際女性デーに公式オンラインで繋がる、スタンディングの動画を伊勢市の自宅庭で収録しました。コロナウィルスの拡散防止の為、公共の場を避け、呼び掛けも伊勢市・及び近隣地域に限りました。それでも、6名が集まり、参加者のお子さんが良いカメラマンをしてくれました。

🌼1.「女性は太陽」

動画は30秒程です。前後の挨拶を含め、以下のセリフを皆で割り振って言いました。

「女性は太陽!」

「日本の太陽は女性!!」

「性犯罪。刑法改正へ!」

「性暴力を許さない!!」

私自身の研究テーマもありますが、伊勢だからこそこの言葉で、と思いました。

国際女性デーに、三重発のフラワーデモ・メッセージにと思いました。

🌼2.三重発の #MeToo #WithYou 国際女性デーのメッセージ


女性は太陽、天照大御神(天照皇大神)は太陽の女神で女性と、当たり前のことです。

*たまに、男性と言っている人達もいますが、女性です。私は大学院で、影印本からこれをテーマに研究しています。

でも、男子後継の天皇制・家父長制・男尊女卑、レイプ神話信仰やジェンダー・ギャップの余りにも過剰な中で、その事実でさえ、言えなくなっていた時代は、そう古い昔ではありません。今から100~150年の間のことです。或いは、今も、声高には言えないのでは?というのも感じます。

🌼3.過去の歴史を癒しながら、自尊と安全をベースに未来に繋げる

国家神道・戦時神道の歴史、「天皇陛下万歳」と叫んで戦死し、逆らえば国賊や拷問死された歴史のことを、十分に顧みられないまま今に至ります。

過去の人間の傷付きを、十分に顧みないと、その出来事は繰り返されてしまいます。繰り返さないように、十分に顧みてゆく必要がありますし、次世代にトラウマにならないように、個々の自尊を保ちつつ継承してゆく必要があります。

でも敗戦国の日本に個々の自尊は、十分培えてこなかったように思われます。自分を大事にする基盤があり、他者を大事に・お互いを大事にし合える関係が、国も社会も個人も強く・優しくするのであり、それは暴力や軍事に頼らない柔軟性で「柔よく剛を制す」の強さのように思います。

米軍支配下に都合良く残された天皇制。軍隊に都合良い、というのは、支配構造、暴力出来る仕組みが都合が良い、ということです。男尊女卑は暴力を言い訳にする、支配構造・都合の良さの一番身近なもの、当たり前にあるものです。

🌼4.まとめ

国際女性デー、性暴力撲滅・刑法性犯罪を発信する三重からの言葉として考えました。三重からの発信、伊勢からの発信として、国際女性デーのフラワーデモ・メッセージになれたらと思いました。

個人の信仰や思いは様々なので、神道や宗教・信仰自体が、嫌いな人もいます。宗教、政治の話題に触れてはいけない、などと教わったこともありますが、それは正しくないと思います。触れないことは、礼儀を欠くことにも繋がるからです。それに、私は個人の好き嫌いでなく、もっと大きな社会の問題として考えています。この問題にある性差別の問題を向き合わずに、一足飛びに、性差別が存在しない世界にはゆけないと思います。宗教とは地域や国に、その人間関係に関わってある、それ程までに深い問題と言えます。

性暴力を向き合わないのは、加害者でいること、加害者加担しているのと同様、性差別を生み出す諸々と向き合わないのは、加害者でいること、加害者加担しているのと同じなのです。

「女性は太陽」「日本の太陽は女性」と。太陽の女神を祀る、神宮の伊勢から、この言葉をフラワーデモみえ、伊勢のみんなで発信しました。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*