a1.フラワーデモin三重

fl.はじめに:フラワーデモみえ

フラワーデモみえのサイト、ブログページを作りました。SNSだと流れてしまうので、サイトにまとめてゆきたいと思いました。フラワーデモみえの参加者には、SNSは使わないけれどサイトは見る、という方々も多く、サイトから3つのSNS、Twitter、Facebook、インスタを見れるようにと作りました。自分の整理用としても。

Twitter、Facebook、インスタ、…SNSはフラワーデモみえを初めてから、使うようになりました。初心者です。自分のトラウマが十分に癒えていないというのが主な理由ですが、人が怖くて、SNSはもっと怖くて、使わないままきました。

でも、身近に性暴力被害者の自死者がいたことで、もう限界を感じました。

生きる為に、性暴力被害と向かい合える人の繋がりが必要でした。地元にないから、東京に行きました。自助グループなどの経験からサバイバーが怖いからフラワーデモには参加出来ないけれど、学びの場である学術会議なら参加出来ると思い、参加しました。

そして、小さな繋がりがいくつも重なって、フラワーデモみえに至りました。フラワーデモみえは、ほとんど勢いでした。勢いでなければ、出来なかったと思います。

性犯罪、刑法改正の為、性暴力撲滅・その理解と安全の為に。私が出来ることは小さなこと、わずかなことかもしれません。小さな一人の力でも、フラワーデモや、フェミニズム〈女性の人権〉や、ジェンダー〈男女の社会的性差〉の今に至る過程は、みんな、そんなふうに一人一人の力を出し合って実現させてきたのだと思います。

三重から、伊勢から。ちょっとずつ、ゆるやかに、身近なところから、関わり合いのあるところから、#WithYou #MeToo の繋がりを広めたいです。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*